読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンジョンもの?キャラの服装を少し細かく決めていく

キャラの細かいデザインを考えてみたりする。
エッチぃシーンとかをやるときの為に、決めといた方がよさそうなので。


諸元のうち、レベルについては目安。本編中ではレベルという概念はない。


*パーティその1
ルック→(ほーら、じっとして。怖くないですから、うふふ)→ベス
スー→(いま可愛いお洋服に着替えさせてあげますから!)→ポジェ
この関係を軸として、ビギナー中心のパーティのドタバタを描いていく


騎士見習い
ベアトリス・ラッセ(ベス)
女性:16歳
レベル:1
見習いとして王城の白百合騎士団に所属する。
白百合騎士団は騎士に対して姉妹制を敷いており、ベスはルックの『妹』である。
実家は相当裕福らしく、一般的な常識に疎いところが多い。
髪は金、肩胛骨あたりまで。レースの黒リボンでポニーテールにしている。
まゆ毛が太い。
服は白絹のワンピースに、軽装の革鎧。所々を赤のリボンで飾る。同じく白絹のサイハイソックス(太もも半ばまでの長さのソックス)をはいているので、絶対領域がある。
脛までのブーツ、これはベージュの革。
胸はCカップ、身長148センチ。
太ももがややむっちり? かなりチビっちゃいが、それをコンプレックスに思っている。
装備は体格不相応な両手持ちのバスタードソード。兄の遺品らしい。
本人は理解していないが、遺伝子レベルで誘い受け体質。
呪いの首輪は、白色。
「わっ、わたしはっ、騎士の娘ですっ。騎士たらねばならないのですっ」


神官さん
ルクレイシア・アンマント(ルック)
女性、18歳
レベル:7
白百合騎士団の中堅騎士で、資格は神官。
ベスの『姉』である
実家はかなり裕福だが、本人は結構ケチである
貴重な火薬を大量に消費するガトリンク砲で武装している。本人の性格上、やたらと撃ちまくることはしない。
ガトリンク砲は普段金属製の背負い行李にしまっている。射撃準備に2ターン必要。それまで射撃不可。準備が終われば毎ターン射撃可能になる。
治癒魔法は初級レベル。対象の患部を舐めることでしか使用できないという制限がある。
ガトリンク砲を持ってスキップできるだけの膂力を持つ、お嬢さん。
服装は、スカート部のスリットが大きく開いた黒い神官服(シスター服)
スリットからガーターベルトが見える(紫)。そのまま薄紫のストッキング。
靴はシルバー色のオープンバック・パンプス
胸はFカップ。お尻も大きめ。身長167センチ
髪は赤色、肩に届くかどうかぐらい。
いつも笑みを絶やさない。
呪いの首輪は、紫色。
「……あら。言われてみれば、そうですねえ。わたくし、気付いておりませんでしたわ。うふふ」


ドワーフ戦士
ポジェナ(ポジェ)
女性、21歳
レベル:13
武器は両手持ちの戦斧で、移動時は革製の鞘で刃を保護している。
ろりぷにな外見を持つ。身長136センチ。体重はずっと重く、水に沈む。
髪はややくすんだ茶色。足首近くまでの長さがあり、それを左右でみつあみにしている。編んだときは膝のあたりまで。
服装は、クラシカル系ロリータのワンピースドレス(モノトーン調、チェック柄)に、金属製の胸当てと籠手、脛当て。あと、パンツは水色の縞。服の趣味はこんなカワイイ系ではないのだが、スーに無理矢理着せられている。
黒いレース飾りのついたソックス、赤のローファー(革の飾りリボン付き)。
面倒見の良い性格で、はじめて迷宮に潜るベスのことを気にかけている。パーティ4人の中では一番冒険者としての経験が豊富。
『広いところ恐怖症』であり、外では帽子で上方視界を遮るようにしている。この帽子(8枚はぎのキャスケット、白と黒のチェック柄)もスーのセレクト。
アタイに任せろと言いながら率先して狭い道を進んで罠にはまり、エロピンチを迎える。そんな性格。
呪いの首輪は、赤色。
「まてまてまて、なんでアタイ等がそこまでしなきゃダメなんだ? 逃げてもだれも困りゃしないぞ?」


魔法使い
ステファニー・グラウンツァ(スー)
『男性』:15歳
レベル:3
一番得意な魔法は『水の浄化(ピュリファイ)』。攻撃魔法が一切使えないので、微妙な存在。
魔法学院の生徒だが、成績は後ろから数えた方が早い。
運動神経も鈍くダンジョンには向いていないが、実は貴重な『解錠(アンロック)』の使い手である。
服装は、ブレザーの女子用学生服。スカートは短め。三角の魔法使い帽をかぶっているが、サイズが合ってないらしく、よく傾いて顔が隠れる。
女子用制服がめちゃくちゃ似合っている。
靴下は紺ハイ。靴は黒革のローファー。
魔法使いのワンドを装備。先端に黄色のリボンが結んである。
なぜ女装しているのかははっきりとしないが、幼い頃から女装らしい。
可愛い物好き。人に可愛いものを勧める(押しつける)ときには、凄まじい情熱を見せる。
胸は当然真っ平ら。お尻小さめ。肉付きが薄い。身長155センチ。
髪は黒色、おかっぱ。眼鏡。
呪いの首輪は、青色。
「ううう……ボク、これでも精いっぱいやってるのに……」
#『解錠』を実際に使うには『弱い力』を操作する必要があるが、ほとんどの魔法使いは『大きな力』しか操作できない。へっぽこ魔法使いなのは『弱い力』を操作するのに特化した魔法使いだからである。


レッサードラゴン
ケルオルクォ
雌:200歳以上(面倒なので数えていない)
レベル:74
黒曜石の如き輝きの鱗を持つ、ドラゴン種。
『青き光の槍』ブルーレイブレスを吐く。
全長10メートル。最近脱皮して大きくなった。
ベスたちに『呪いの首輪』を施し、無理難題をふっかけてくる
秋刀魚に目がない『魚喰い』の一匹。
人間形態は、8歳ぐらいの少女。身長129センチ。
紫水晶のように透き通った髪。ゴールデンポイントよりも高い位置でポニーテールにしている
なぜか『けるお』のゼッケンがついた、紺の旧スク水を着ている。
人間の姿でもブルーレイブレスは使用可能。
巣には、ちゃぶ台と七輪がある。
「ほれほれ、はようワシのために、秋刀魚を焼くのじゃ。大根をおろすのじゃ。醤油を持ってくるのじゃあ♪」


数十年前からドラゴンの繁殖地となった、火山。あちこちにドラゴンの巣穴が作られ、繋がり、巨大なダンジョンに。
ドラゴンの中には『世界を喰らう』と呼ばれる神話級のドラゴンもいるため(自称)勇者たちが殺到。だが『世界を喰らう』の元にはいまだにたどり着けていない。
一方、ドラゴンは光り物が大好きなので、ダンジョンにはあちこちに、金銀財宝や秋刀魚が蓄えられている。そういったおこぼれに預かろうというのが、冒険者。勇者とは別物である。
これは、そんな、勇者じゃない、冒険者たちの物語。


ダンジョンは天然の洞穴+ドラゴンが掘った穴。ところどころ地下水脈を掘り当てており、藻類や菌類が繁殖している。天井が大きく崩落しているところは日光が当たっている為に原生林を形成している。大空洞となっているところもある。


山の麓にはダンジョン街とでも言うべき、拠点都市が発達している。
火山の麓ということもあり、豊富な温泉を利用した施設が多い。公衆浴場、暖房、麻釜(おがま)など。麻釜は野沢温泉のシステム。街には湯煙が充満していて、少し硫黄臭い。


騎士団は王に仕えており、縦割り行政組織かつ宗教組織かつ武力集団。白百合騎士団は女性によって組織されていて、主に社会福祉分野での活動を行っている。他に紅薔薇騎士団(軍事専門)、竜胆騎士団(金融)など。
紅薔薇騎士団は火薬の製法を独占している。他の騎士団にも供給されているが、非常に高価。
騎士団員は、重装騎士であったり聖騎士であったり神官であったりするが、全部まとめて騎士と呼ばれる。
宗教としては一神教。世界を神と魔王との対立関係でとらえる。神の僕たる人と、魔王の僕たるドラゴンとの戦いは不可避である、としている。
王は神から王権を授かっているとされているので、その王に仕える騎士団は天使であるという考えが根強い。なので、たいていの場合騎士は尊敬されるか、恐れられる。


ドラゴンにはいくつかの種があるが、割とそういうのにこだわらずに繁殖する。
大きく分けて3種類。
ドラゴン種:大きなトカゲにコウモリの翼を持つ。肌は赤や黒。強い個体はブレスを吐く。飛行速度は遅いが、ダンジョン内では最強といわれる。
龍種:蛇の如く長い胴体、鷹の如き爪を持つ。肌は黄もしくは緑。爪の数が多いほど強い。野外では雷雲を呼ぶことも出来る。
ワイバーン種:ドラゴン種に似ているが前足がない。大きな翼を持つ。老齢のものは尾に毒を持つ。ダンジョンの中では鈍重でありカモ。


ドラゴンの食料は、主に岩石。硫黄やヒ素が多く含まれたものを好む傾向がある。それでどうやって成長しているのかは不明。
個体によっては、鮮魚を好むものもいる。ワイバーン種に多いようだが、ドラゴン種、龍種にもそういう個体はいる。
巣を作るときには、前足で掘ったり、食事をかねて噛み掘ったりする。
排泄については、ほとんど土砂そのものだった排泄物が確認されている。しかし、いつも排泄するわけではなく、自分の体重の数倍の岩石を喰っているはずなのに全く排泄していなかった、という例もある。『したりしなかったりそのときの気分次第』というのが真実らしい。排泄しない場合、身体が大きく成長するので、成長の必要があるときには排泄せずに食べる、ということになる。
そのことから考えると、ドラゴンの肉体は人間など他の生物と比べると、遥かに大地に近い存在ということになる。


ダンジョンの通路は、様々な大きさである。営巣するドラゴンの大きさによっても違うし、人間やドワーフが通路とする為、あるいは採掘の為に自分たちで穴を掘ることもあるからである。
老齢のドラゴンが掘った穴の方が、床や壁がなめらかで人間にとっても歩きやすいことが多い。


勇者制度
ドラゴンの頂点に立つ『世界を喰らう』を倒すことを本願とした者たちを、勇者と呼ぶ。
勇者と名乗るには、いずれかの騎士団への申請と認定試験合格を必要とする。
認定試験は、騎士団によって若干の違いがあるが、基本的には単独でのドラゴン討伐である。討伐の方法自体は手段を問わないが、ドラゴンの鱗か牙か髭を持ち帰る必要があるため、火口に叩き落とすなどの手段はあまり取られない(火口に叩き落とされたぐらいで死ぬドラゴンはあまりいないが)。
勇者と認定された場合、認定した騎士団による資金援助が行われる。紅薔薇騎士団では加えて弾薬の供給を無償で受けることも出来るので、銃器をメインに使わない者も紅薔薇騎士団での認定を望むことが多い。