読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2008年のおすすめ(?)ライトノベル(それ以外も含む)

読書

そろそろ年末、ってことで今年発売で印象に残ったライトノベルを貼っておく。
個人的にはライトノベルとそれ以外という区切りで読んでいるつもりはないのだけど、結果としてやはりラノベばかりなのでした(笑)

ウェスタディアの双星―真逆の英雄登場の章 (電撃文庫)

ウェスタディアの双星―真逆の英雄登場の章 (電撃文庫)




ウェスタディアの双星(1)〜(3):弱小国家が隣の大国に突如攻められて大ピンチ!というスペースオペラ。キャラの造形がわりかし楽しい。自己保身と大義というのは、自分でも描いてみたいところ。
絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~ (ガガガ文庫)

絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~ (ガガガ文庫)


絶対可憐チルドレン・THE NOVELS B.A.B.E.L.崩壊:まさかの極楽大作戦!!以来の椎名高志作品ノベライズ。オールスター登場で、まさしく東映まんがまつり的な賑わいのある作品。軸となるオリジナルキャラも実に世界観にマッチしていて、安心して読める。椎名高志はノベライズの際の作家に恵まれていると思うのですよ。


ベン・トー(1)〜(2):スーパーの見切り品弁当を巡る熱い闘いの一大叙事詩、と書くとワケわからないと思うが、そう紹介するしかない作品。圧倒的な迫力が、読者の抱く些細な疑問を全て吹き飛ばしていく。馬鹿馬鹿しいと思えることに対して真剣に直向きに向き合う若者たちという青春群像を、軽いノリで楽しめる。
女子高生=山本五十六 (ワニノベルス)

女子高生=山本五十六 (ワニノベルス)


女子高生=山本五十六2 熱闘 第二次太平洋戦線 (ワニノベルス)

女子高生=山本五十六2 熱闘 第二次太平洋戦線 (ワニノベルス)


女子高生=山本五十六(1)〜(2):大規模MMORPGで再現された第二次世界大戦。日本軍の山本五十六を担当するプレイヤーは、なんと女子高生(眼鏡・オーバーニーソ)だった……という仮想戦記もの。ゲーム内ではあくまでオッサンばかりなのだが、女子高生の視点でときどきぼやきが入るのが、絶妙なバランス。MMORPGをネタにするのもなかなかに練り込まれている印象。2巻では、存命中のあのエースパイロットとかあの閣下が登場するので、そういう意味でもニヤニヤできる。
凸凹騎士と最強王女 (メガミ文庫)

凸凹騎士と最強王女 (メガミ文庫)


凸凹騎士と最強王女:今年はまさに『月刊みかづき紅月』だった作者が、リニューアルしたメガミ文庫で出したライトなファンタジー。飛び跳ねるような元気に溢れたキャラは一般向けでも十分通用することを証明していると思う。

会長の切り札(1):自分がわずかなりとも関わったものをお薦めするのはどーなんだ、と思いつつも。統廃合に揺れる3つの高校が、生き残りをかけて勝負をすることに!という学園もの。次々と登場する、特定分野限定の達人たち(高校生)に『蓬莱学園』的な楽しさがある。相変わらず説教くさい部分もあるけど、それも含めてエンターテイメントとして成立している物語。