読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンジョンもの? 微調整したり、新キャラ入れたり

その他

騎士見習いベアトリスの身長を、どーんと下げる。これは、兄の形見である剣の大きさを強調するため。
ビジュアルをつける当てがない、小説だけの予定なのに見た目にこだわるのは、はたして如何なモノかと自分でも思うが(笑)
そして、パーティの『障害』としてドラゴン。もちろん人間形態を取ったらロリババァ(笑)
このドラゴンにダンジョンで遭遇してしまい、晩ご飯になりたくなければ言うことを聞けー、と無理難題を押しつけられる事になるという予定。多分。

諸元のうち、レベルについては目安。本編中ではレベルという概念はない。


*パーティその1
ルック→(ほーら、じっとして。怖くないですから、うふふ)→ベス
スー→(いま可愛いお洋服に着替えさせてあげますから!)→ポジェ
この関係を軸として、ビギナー中心のパーティのドタバタを描いていく


騎士見習い
ベアトリス・ラッセ(ベス)
女性:16歳
レベル:1
見習いとして王城の白百合騎士団に所属する。
白百合騎士団は騎士に対して姉妹制を敷いており、ベスはルックの『妹』である。
実家は相当裕福らしく、一般的な常識に疎いところが多い。
髪は金、肩胛骨あたりまで。レースの黒リボンでポニーテールにしている。
まゆ毛が太い。
服は白絹のワンピースに、軽装の革鎧。所々を赤のリボンで飾る。
胸はCカップ、身長148センチ。
太ももがややむっちり? かなりチビっちゃいが、それをコンプレックスに思っている。
装備は体格不相応な両手持ちのバスタードソード。兄の遺品らしい。
本人は理解していないが、遺伝子レベルで誘い受け体質。
「わっ、わたしはっ、騎士の娘ですっ。騎士たらねばならないのですっ」


神官さん
ルクレイシア・アンマント(ルック)
女性、18歳
レベル:7
白百合騎士団の中堅騎士で、資格は神官。
ベスの『姉』である
実家はかなり裕福だが、本人は結構ケチである
貴重な火薬を大量に消費するガトリンク砲で武装している。本人の性格上、やたらと撃ちまくることはしない。
ガトリンク砲は普段金属製の背負い行李にしまっている。1ターン目は射撃不可。
治癒魔法は初級レベル。対象の患部を舐めることでしか使用できないという制限がある。
ガトリンク砲を持ってスキップできるだけの膂力を持つ、お嬢さん。
服装は、スカート部のスリットが大きく開いた黒い神官服(シスター服)
胸はFカップ。お尻も大きめ。身長167センチ
髪は赤色、肩に届くかどうかぐらい。
いつも笑みを絶やさない。
「……あら。言われてみれば、そうですねえ。うふふ」


ドワーフ戦士
ポジェナ(ポジェ)
女性、21歳
レベル:13
武器は両手持ちの戦斧で、移動時は革製の鞘で刃を保護している。
ろりぷにな外見を持つ。身長136センチ。体重はずっと重く、水に沈む。
髪はややくすんだ茶色。足首近くまでの長さがあり、それを左右でみつあみにしている。編んだときは膝のあたりまで。
服装は、クラシカル系ロリータのワンピースドレス(モノトーン調、チェック柄)に、金属製の胸当てと籠手、脛当て。あと、パンツは水色の縞。服の趣味はこんなカワイイ系ではないのだが、スーに無理矢理着せられている。
面倒見の良い性格で、はじめて迷宮に潜るベスのことを気にかけている。パーティ4人の中では一番冒険者としての経験が豊富。
広いところ恐怖症であり、外では帽子で上方視界を遮るようにしている。この帽子(8枚はぎのキャスケット、白と黒のチェック柄)もスーのセレクト。
率先して狭い道を進んで罠にはまり、エロピンチを迎える。そんな性格。
「ここんとこの隅っこが、いいんだゾッ」


魔法使い
ステファニー・グラウンツァ(スー)
『男性』:15歳
レベル:3
一番得意な魔法は『水の浄化(ピュリファイ)』。攻撃魔法が一切使えないので、微妙な存在。
魔法学院の生徒だが、成績は後ろから数えた方が早い。
運動神経も鈍くダンジョンには向いていないが、実は貴重な『解錠(アンロック)』の使い手である。
服装は、ブレザーの女子用学生服。スカートは短め。三角の魔法使い帽をかぶっているが、サイズが合ってないらしく、よく傾いて顔が隠れる。
女子用制服がめちゃくちゃ似合っている。
なぜ女装しているのかははっきりとしないが、幼い頃から女装らしい。
可愛い物好き。人に可愛いものを勧める(押しつける)ときには、凄まじい情熱を見せる。
胸は当然真っ平ら。お尻小さめ。肉付きが薄い。身長155センチ。
髪は黒色、おかっぱ。眼鏡。
「ううう……ボク、これでも精いっぱいやってるのに……」
#『解錠』を実際に使うには『弱い力』を操作する必要があるが、ほとんどの魔法使いは『大きな力』しか操作できない。へっぽこ魔法使いなのは『弱い力』を操作するのに特化した魔法使いだからである。


レッサードラゴン
ケルオルクォ
雌:200歳以上(面倒なので数えていない)
レベル:74
黒曜石の如き輝きの鱗を持つ、ドラゴン種。
『青き光の槍』ブルーレイブレスを吐く。
全長10メートル。最近脱皮して大きくなった。
無理難題をふっかけてくる
秋刀魚に目がない『魚喰い』の一匹。