読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンジョンもの?考え中

その他

ダンジョンものを少しずつ考えてみたり見なかったり。



騎士見習い
ベアトリス・ラッセ
女性:16歳
見習いとして王城の白百合騎士団に所属する。
白百合騎士団は騎士に対してスール制を敷いているが、見習いに対しては『みんなの妹』として指導をしているので、特定の『お姉様』はまだいない。
実家は相当裕福らしく、一般的な常識に疎いところが多い。
髪は金、肩胛骨あたりまで。レースの黒リボンでポニーテールにしている。
まゆ毛が太い。
服は白絹のワンピースに、軽装の革鎧。所々を赤のリボンで飾る。
胸はCカップ、身長164センチ。太もも、ややムチ。
装備は体格不相応な両手持ちのバスタードソード。兄の遺品らしい。力が足りないので、剣に振り回されている。
「わっ、わたしはっ、騎士の娘ですっ。騎士たらねばならないのですっ」


神官さん
ルクレイシア・アンマント(ルック)
女性、18歳
『刃物で生き物を傷つけてはならない』とする戒律がある。
ので、ガトリンク砲で武装している。
ガトリンク砲を持ってスキップできるだけの膂力を持つ、お嬢さん。
エルフの血が若干混じっているので、耳が少しとがっている。
服装は、スカート部のスリットが大きく開いた黒い神官服(シスター服)
胸はFカップ。お尻も大きめ。身長160センチ
髪は赤色、肩に届くかどうかぐらい。
呑気な本人は理解していないが、遺伝子レベルで総受け体質。
「……あー。言われてみれば、そーですねえ」


ドワーフ戦士
ポジェナ(ポジェ)
女性、21歳
神官さんのガトリンク砲で蜂の巣になりたくないので、背中に大きな盾を背負っている。
武器は両手斧
ろりぷにな外見を持つ。身長136センチ。体重はずっと重く、水に沈む。
髪は茶色。足首近くまでの長さがあり、それを左右でみつあみにしている。編んだときは膝の裏側あたりまで。
服装は、クラシカル系ロリータのワンピースドレス(赤系チェック柄)に、金属製の胸当てと籠手、脛当て。あと、パンツは縞。
広いところ恐怖症で、率先して狭い道を進んで罠にはまり、エロピンチを迎える。
「ここんとこの隅っこが、いいんだゾッ」


魔法使い
ステファニー・グラウンツァ(スー)
女性:15歳
一番得意な魔法は『水の浄化(ピュリファイ)』。攻撃魔法が一切使えないので、微妙な存在。
魔法学院の生徒だが、成績は後ろから数えた方が早い。
運動神経も鈍くダンジョンには向いていないが、実は貴重な『解錠(アンロック)』の使い手である。
#『解錠』を実際に使うには『弱い力』を操作する必要があるが、ほとんどの魔法使いは『大きな力』しか操作できない。へっぽこ魔法使いなのは『弱い力』を操作するのに特化した魔法使いだからである。
#生物相手に『解錠』を使うと致死ダメージを与えることも可能であるが、実際に使う為には対象の生物の体内構造を熟知する必要がある
服装は、ブレザーの学生服。スカートは短め。三角の魔法使い帽をかぶっているが、サイズが合ってないらしく、よく傾いて顔が隠れる。
胸はBカップ。お尻小さめ。身長155センチ。
髪は黒色、おかっぱ。眼鏡。
強いガールズラブ嗜好がある。
神官のルックに惹かれているも、なかなかそれを言い出せない。が、酔っぱらった勢いで襲ってしまう。
その一方で、眼鏡をかけ直す仕草でミーリツァの欲情を誘っている(眼鏡はエルフにとってガーターベルトのような存在らしい)、生まれついての誘い受け体質。
「ううう……みそっかすで申し訳ありません……これでも精いっぱいやっているんですが……」


エルフ
ミーリツァ
女性:130歳
エルフはDNAレベルで耳フェチだが、彼女は『どちらかというと丸っこい耳の方に欲情する』特殊な嗜好の持ち主。ルックの耳にハァハァしている。
エルフの主食は野菜だが、芋が好み。バターを塗って食べるという、エルフの中ではゲテモノ食い。
#エルフは文化として肉や乳を口にしない。ダークエルフは肉食を盛んにする。
#結果、ダークエルフは狩りが上手いが、エルフはド下手であり、冒険者には向いていない
一応弓を持っているが、まともに当たったためしがない。
マッピングやリドル担当。
大地の精霊の力を借りる『隧道(トンネル)』の魔法が使えるので、ドリル担当でもある。
胸は人間と比べるとないに等しい。身長169センチ
服装はイブニングドレス風のワンピースで、露出過多。
髪は銀色。長さは腰までのストレートさらさら。『隧道』を使うときには、この髪がドリルになる。キューティクルが荒れるので、何度も使えない。
「うふふ……じっとしててね、いま、してあげるから……っ」


盗賊
H11-DE-GROUND 『ヒルデグント』(ヒルデ)
女性:駆動歴2年
身長20センチ足らずの『人形(ドール)』と呼ばれる人工生命体。
ミーリツァに装備を持ってもらっている。
『人形』の使う武器は特殊であり、背中のコネクタに接続する外骨格、通称『ランドセル』である。ランドセルにビーム砲と飛行機の翼が生えたような感じだと思えばよい。連続飛行時間5分。
縮尺さえ合えば、大体10歳ぐらいの少女に見える。
服を着るという習慣(仕様)がないので、いつも真っ裸である。
放熱器(髪)の長さは腰あたりまで。青色に塗装されている。敏感な素材であり、あまり手で触れてはいけない。
「了解なのです」


サムライ
タカコ・ケンサカツジ
女性:20歳
胸は脅威のJカップ。身長158センチ
紺の袴に、綿の稽古着(こちらは白)。防具なし。
下着はふんどし。サラシで胸を押さえつけているが、すぐにはみ出る。
切れ味の凄まじい『カタナ』を両手に持ち自在に操る剣士。
カタナは大小を提げている。無銘。
剣を振るうときにおっぱいが揺れる。彼女の遣う剣術は、その動きを利用しているとおぼしきところがある。見た目よりも遥かに広い間合いで斬ることが出来る。
髪は烏羽色、肩まで。つやつや。
やたらと大きなおっぱいに強いコンプレックスを抱いている。普段は猫背で隠そうとしている。
「寄らば斬る! 寄らなくても……斬る!」


ヒーラー
シルヴィオ
男性:14歳
小柄で華奢な少年。身長155センチ
顔立ちはまだ幼い。
ハーフパンツにTシャツ、大きめの白衣を羽織っている。裾を引きずるぐらい。
各種薬草を入れた大きな帆布のカバンを持ち歩いている
お祖母ちゃんに薬草のことを習ったとのこと。
ヒーラーは薬草学などを元にして、応急手当や解毒の治療を行う。治癒魔法を使える神官や僧侶にはかなわないが、冒険者には重宝されるクラス。
女性経験は皆無だが、ミーリツァやタカコとの冒険でいろいろ覚醒したりする。
なお、はえていない。
「ぼ、ボクそんなつもりじゃ……」


 迷宮の入口から、歩いておよそ30分離れた位置にある一軒の宿屋。
 古びた盾を使った看板には『子うさぎ亭』と書かれている。
 このあたりの店で、盾を看板に使った店は、防具屋か宿屋だ。ぴかぴかの盾を使うのが防具屋で、ぼろぼろの盾を使うのは宿屋。しかも荒くれ者たちを相手にする、いわゆる『冒険者の宿』だ。
『子うさぎ亭』は、本来の用途には使えそうにないくらい朽ちた盾を使っているから、冒険者の宿、ということになる。迷宮に近ければ近いほど熟練の冒険者たちが使う名店が多いというから、かなり離れた位置にあるこの店は、はたしてどれほどのものだろうか。
 開け放たれた窓からは、罵詈雑言混じりの人々の声に混じって、焼きすぎた肉の匂いや、安そうな酒の香りが漂ってくる。
 その匂いやら香りやらを嗅ぎ取った瞬間。
 
 きゅるるー。
 
 騎士見習いの、腹の虫がいい音で鳴いた。
 慌てて腹を押さえるも、もう一度。
 
 きゅるるー。
 
「はぁう……」
 王宮の白百合騎士団騎士見習い、ベアトリス・ラッセは、整った唇から、ため息をついた。
 考えてみれば彼女は朝からずっと歩き通しで、もうじき日が沈むというのに、今日は革袋の水ぐらいしか口にしていない。元々小食な方ではあるが、はじめて与えられた任務に緊張しすぎて、食べる気になれなかったのだ。
 それが、店から漂ってくる臭いで、食欲がようやく刺激された。
 こうなるともう、どうしようもない。
「お腹……空きました……」
 立ち止まって少し考えた挙げ句、ベアトリスは、店の入口の方に足を向けたのである。