読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大相撲初場所

千秋楽結びの一番で東西の横綱が優勝を争うという、興行的にも大歓迎の展開。舞の海も向正面から言っていたとおり、早い展開なら朝青龍、がっぷりになれば白鵬、と椎出も予想。出場停止云々の経緯はともかく、やはり傍若無人に強い朝青龍を見ると、どちらにしてもいい勝負であれば……とも思っていたのだけど。いざ取り組みがはじまってみれば、両者の力比べが凄まじい勝負に。正面からぶつかり合って朝青龍が俵まで追いやられるも、まるで吸い付くように朝青龍の左足は土俵から全く浮かない。土俵の上には、まるで鏡のようにつるつるになった足の跡が。
結果としては最後に上手投げで白鵬が優勝を手にしたわけだけども。
すっかりヒールだけど朝青龍の強さがかえって際立ってしまった、そんな場所に思えた。それに最後に優った白鵬も、これで名実ともにベビーフェイスの横綱としての立ち位置が確立したんじゃないだろうか。
悔しいのは、これで明日の朝のワイドショーでやくみつるが鬼の首取ったように朝青龍を叩くのが、目に浮かぶこと(笑) 何が何でも朝青龍の悪いところ見つけてくるんだろうなあ……