読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと、5日です。──五日性滅亡シンドローム

五日性滅亡シンドローム (1) (まんがタイムKRコミックス)

五日性滅亡シンドローム (1) (まんがタイムKRコミックス)


何となく本屋で見つけて、手に取った4コマ漫画。
萌え4コマにしては、オビがかなり強烈。

世界が終わるまで、あと五日。
(初版第1刷 オビ)

平々凡々な日常に、ある噂が。
『この世界は あと五日で 滅びるらしい』
学校は否定派と肯定派に別れて、否定派は変わらぬ日常を、肯定派は自暴自棄になり学校を休み……
というところから物語が始まる。
萌え四コマにあるまじき、ホットスタート!(ちょっと意味が違うが)
そう。五日後には世界が滅びてしまう。
具体的にいえば、単行本の半分あたりで五日目が来てしまうのだ。
どーするんだよ残り半分!
と思ったら、別の視点から『五日間』のカウントダウンが始まった。


てなわけで第一巻には、自暴自棄になって(消極的に?)死のうとする先輩にいままでの恋心をなんとか伝えようとする少女の話『不二編』と、世界を滅ぼすためにやってきた死神の少女が最後の最後に決断を下す(ギリギリまでぬるぬる〜っと日常を貪る!)話『死神編』が収められている。
一巻なので、まだまだ『五日間』は描かれる模様で。ちょいと楽しみだったりもする。

ところで、『死神編』で描かれたとある事件──『スカートがめくれ上がったまま、おパンツ丸出しで街の中歩いてた』事件だが……
椎出は、同じようにおパンツ丸出しで歩いてた女の子に『……スカート』と教えてあげたことがある
気まずかった。マジで。