読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子丼シリーズ『告白』

掌編

『そーいえばさー』
『なんだよ』
『あたしってー、好きだっていわれたこと、ないんだけど』
『(ぶっ)』
『ゆーてみて?』
『親子丼かっ喰らいながら、そんなこと言うんじゃねぇ!』
『だって。あたしたち、つきあってるんじゃないの?』
『知るかよ!』
『つゆだくじゃないよ?』
『汁、じゃねぇっ!』
『きかせて、もらってないよ?』
『言えるかよっ! 定食屋でッ!』
『じゃ、他のところなら、言える?』
『言えるかぁっ!』
『……言ってよ(がつがつ)』
『そのお前の、ムード台無しにする食欲をどうにかしてから、言えッ!』
『大丈夫だよ(もぎゅもぎゅ)周りの人は、別の親子丼の話してるぐらいだし』
『それ、大丈夫なのか……?』
『でさ(みそ汁ずずー)』
『なんだよ』
『きかせてよ。今でなくても、いいから。いつか』
『……いまわの際に、言ってやる』
『なによそれ、うる星やつら?』
『……なんでお前の歳で、それが分かるんだよーっ!?』



#もの書きより。http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2004/10/20041028.html#230000
『いまわの際に言ってやる』は、作中の通り、うる星やつらの主人公の最後の台詞。